30代はお肌の曲がり角?カサカサ乾燥肌の原因と対策

30代はお肌の曲がり角?カサカサ乾燥肌の原因と対策

「30代はお肌の曲がり角」という言葉をよく耳にします。30代になって、急に乾燥肌になったり、シミや小じわのエイジングサインを感じたり・・・今までなかった肌トラブルがでてくることも多くなったのでは?
実はその原因はすべて肌の「乾燥」が原因だったのです!

この記事では大人の乾燥肌の原因と対策についてまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

乾燥肌のスキンケアのポイントはコチラ

30代から肌が変わるワケ

30代はお肌の曲がり角?カサカサ乾燥肌の原因と対策

肌の水分量の低下

簡単なスキンケアでもしっかり潤いがキープできていた20代。しかし、30代の曲がり角を超えたお肌は、今までのようなお手軽スキンケアでは潤いがキープできなくなってしまいます。

30代になると肌の水分量が減少し始めます。これは、肌の角質層にある「セラミド」が減少してスカスカの状態になることで、水分が逃げやすくなってしまうからです。セラミドは年令とともに減っていき、40代になるころには生まれたときの半分ほどになってしまうと言われています。また、保水力に優れた成分であるコラーゲンやヒアルロン酸も減少し始めるので、年齢とともに乾燥は進んでいきます。

30代からのスキンケアは、この減ってしまった水分量をしっかり補うために保湿重視にしていく必要がありますよ。

皮脂の分泌量の変化

皮脂の分泌量は30代がピーク

年齢とともに変化するのは水分量だけではありません。実は皮脂の分泌量も大きく変化するのが30代なのです。水分量は生まれたときから下降していくのに対して、皮脂量は30代がピーク。そこでそんな30代に多いのが「インナードライ肌」です。

30代に多いインナードライ肌って?

インナードライ肌とは、肌の表面は皮脂でベタつくのに、お肌の内側が乾いている状態のことです。お肌の水分量が少ないので、これ以上水分を蒸発させないようにと、大量の皮脂を分泌してバリアを作ろうとしてしまうのです。30代の80%がこのインナードライ肌と言われています。

インナードライ肌は、皮脂がでてテカったり、毛穴の開きが目立ったり、大人ニキビができたりと、症状がオイリー肌に似ているので、間違ったスキンケアをしてしまいがちです。インナードライを悪化させてしまうので注意が必要ですよ。一番必要なのは内側をしっかり保湿することなんです。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーの乱れも30代からの肌の変化の原因の一つです。ターンオーバーとは、肌の古い角質が剥がれて新しい細胞に生まれ変わる周期のことです。若い年代の顔の肌のターンオーバーは28日周期程度で、年齢を重ねるごとに遅くなっていきます。
このターンオーバーが乱れると、剥がれ落ちるべき古い角質が溜まって厚くなり、硬くなってゴワゴワした状態になります。肌のくすみや、毛穴詰まりの原因にもなります。

ターンオーバーが乱れる原因は

・食生活の乱れ
・睡眠不足
・飲酒
・喫煙
・ストレス
・冷え

などです。仕事や家事・育児に忙しく生活習慣が乱れる30代はターンオーバーが乱れがちです。規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンであるエストロゲンは「美肌ホルモン」と呼ばれており、お肌のハリや潤いを与えるコラーゲンの生成に深く関わっています。30代後半からはこのエストロゲンの分泌量が減っていきます。30代が「お肌の曲がり角」と言われる所以はこのためかもしれませんね。

また、この女性ホルモンのバランスが乱れると、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを起こしてしまいます。女性ホルモンを整えることが美肌への近道とも言えますよ。ストレスや食事、睡眠に気をつけてリラックスできる環境が大事です。

乾燥肌がもたらす年齢トラブル

肌全体のくすみ

「20代の頃よりも顔色が暗い気がする」そう感じる方も多いと思います。実際に30代になると、肌の透明感や明るさがなくなり、くすんで見えるという悩みが多く聞かれます。

このくすみの原因の一つも乾燥です。肌の水分量が減ると、肌の内部の水分を守ろうと古い角質がミルフィーユのように重なっていき、角質層が厚くなります。本来、剥がれ落ちるはずの角質にはシミの原因となるメラニンが含まれているので、全体的に茶黒っぽくくすんでしまうのです。

目元口元の乾燥小ジワ

肌の水分保持力の低下によってできる、ちりめん状のシワや小さシワのことを乾燥ジワと呼びます。目元や口元などの皮膚の薄い場所や、皮脂の少ない場所にできることが多いしわです。肌が乾燥することで、肌表面のキメが荒くなり、皮膚の浅い層にしわができてしまうのです。目立たないからと放置していると、段々と深くなっていき消えなくなってしまうので、早めのケアが重要で

ターンオーバーの乱れがシミの原因に

ターンオーバーが正常に行われないことで、できてしまったシミやメラニン色素の排出ができなくなり、濃いシミになってしまいます。また肌が乾燥することでバリア機能が低下し、紫外線ダメージを受けやすくなり、シミの原因となるメラニンが作られやすくなります。シミを防ぐためにも乾燥させないことが重要なのです。

シミに効く美白美容液まとめ

シミは本当に消えるの?美白美容液まとめ!プチプラからデパコスまで

インナードライが原因の大人ニキビ

20歳を超えてからできる大人ニキビの原因の一つも乾燥です。皮脂の多いおでこや鼻にできる20歳までのニキビと違って、大人にきびは口元やフェイスラインに多く見られます。毛穴詰まりを起こしやすいインナードライ肌の人は特に注意が必要です。20代までのニキビケアではなく、しっかり保湿をして皮脂の分泌を抑えることが大事です。

30代からの乾燥肌スキンケアのポイントは?

高保湿成分の化粧品を選ぶ

30代からの乾燥には、高保湿成分が入った化粧品を選ぶことをおすすめします。エイジング肌には、保湿以外にもハリや弾力、美白ケアも必要です。肌の悩みに合った成分を選ぶと良いですね。

保湿にはセラミド

セラミドは、肌の潤いに欠かせない保湿成分です。肌の角質層を整え、水分が蒸発するのを防ぎます。保湿成分の中で最高の保湿力を誇る成分と言われています。乾燥肌の人は、化粧品にセラミドが含まれているものを選ぶと良いですね!

コラーゲンはハリや弾力にも◎

コラーゲンには保湿効果の他に、肌に弾力やハリを与える働きがあります。肌にハリが生まれることで若々しい印象になりますよね。乾燥によるシワの改善に効果があります。

美白有効成分アルブチンでシミ対策

国が認めた美白成分アルブチンは、シミのもとになるメラニンの生成を抑える効果があります。シミ・そばかすができるのを防ぐことができるので、30代からのケアに是非取り入れてほしい成分です。

洗顔はやさしく洗うこと

30代からのクレンジング・洗顔には特に注意が必要です。洗浄力の強いものでゴシゴシ洗っては、肌の水分・油分まで洗い流されてしまいます。洗顔料などにも保湿成分が入っているものを選ぶと良いですよ。また、熱いお湯で洗ったり、強くこすったりは肌のバリア機能を低下させることになるので、ぬるま湯で優しく洗うことが大事です。

紫外線対策が重要

紫外線を浴びることで肌のバリア機能が低下し、肌を老化させ乾燥しやすくしてしまいます。紫外線を浴びることによってできるメラニンもくすみやシミの原因となります。30代からは日常的に紫外線対策をするようにしましょう。

まとめ

30代の乾燥肌は今後の様々なトラブルの原因になります。「まだまだ気にしなくてもいいや」と思っている人も多いかもしれません。ですが、今のうちに丁寧なケアをするのとしないのでは、今後の肌に明らかな差が出てくるはずですよ!ぜひ30代からのスキンケアを見直してみてくださいね♪

関連記事一覧

  1. 肌悩み別!人気コスメが試せるトライアルキット12選

    肌悩み別!人気コスメが試せるトライアルキット12選

  2. シミは本当に消えるの?美白美容液まとめ!プチプラからデパコスまで

    シミは本当に消えるの?美白美容液まとめ!プチプラからデパコスまで

  3. UV対策はサプリメントでする時代!飲む日焼け止めおすすめ4選

    UV対策はサプリメントでする時代!飲む日焼け止めおすすめ4選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 生きた酵素でスッキリボディ!評判のうらら酵素を実体験レビュー

    2019.02.21

  2. 毛穴は消えない?シミに効果なし?D.U.O.ザクレンジングバームホワ…

    2019.02.12

  3. リグレ(REGRE)リンクルセラムは効果なし?話題のヒト幹細胞美容液の…

    2019.02.08

  4. 美容整形級?ネオわらびはだを1ヶ月使用してレビュー

    2019.01.21

こんな記事も読まれています